先に進むことばかり考えて、かえってこの大切な時期を無為にしてはいないでしょうか。豊かな充実した幼児期があって、次の児童期が実りあるものとなりましょう。

   



   



 一面だけを重視する教育ではなく、全人格的に育てることを大切にするとき。知・情・社・健を一体的に考えるのが幼児期における保育の基本です。


 情緒的安定は幼稚園生活のベーシックな部分。安心感を持って生活する中で、子供たちは生き生きと自己活動を展開し、友達関係を深めてまいります。




(C) 2006 Minamigaoka Youchien.