幼児期の遊びは、彼らにとって生活の中心であり、精神的発達の原動力であります。
 遊びは、子ども自身が自らその成長・発達を促そうとする衝動の結果として現れるもので、幼児の精神構造からしてごく自然で当たり前な欲求と言えましょう。

 子ども達は遊びを通して何を学習し、何を満たそうとしているのでしょうか。

 遊びの効用としては、遊びとは自己表現であり、心の満足と共に、虚構の世界を共有し、心のわだかまりやさまざまな葛藤からの開放をもたらします。
 また、対人関係を伴う遊びを通して社会的規範(順番、交代、ルールなど)を学習し、自己統制力や対人関係能力を無意識のうちに身につけています。

 換言すれば、遊びは心身の充実、成長、発達を促し、幼児期の成長発達にとって不可欠な条件であると申せます。
 とくに現代社会におけるさまざまな負の現象は、幼児期に遊びを通して健全な人間性を育てることなくして解決の道はありません。

 今、幼児のおかれている現実は、基本的欲求である遊びを失いかけています。
 健全な人づくりのためには、遊びの重要性を確認し、遊び成立の3要因である空間、友達、時間を豊かに用意することが、今や幼稚園の重要な役割であると認識しています。



(C) 2006 Minamigaoka Youchien.